当ブログは、2ch ビジネスニュース+の面白いスレを配信するブログです。リンクフリーです。 ブログデザインやレイアウト等、表示がおかしい方は、ご使用中のブラウザをご記入の上、ご連絡頂ければ幸いです。

1 :おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:37:00.18 ID:Hh14/zgl0 2BP(5000)

全文はソース元へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170512-00127632-diamond-soci
 韓国のミスコン女性はみんな同じ顔。
ネット上ではそう揶揄されるほど、お隣、韓国の整形率が高いことは有名な話だ。
しかし今、日本でも整形を選ぶ女性が増えているのをご存じだろうか。

リスクと隣り合わせでありながら、整形というやり方を選んだ女性に、その本音を聞いた。
(略
● 施術時間5分、日帰り、格安 広がる「プチ整形」と下がるハードル
 「高校卒業間近、学校全体で“整形ブーム”が起きたんです。
みんなやってるし私も!っていう勢いで、初めて目のプチ整形をしたのが高3でしたね」
 そう語るのは、これまでに目だけで計4回の整形を重ねてきたというマユさん(仮名・25歳・フリーター)。
長かった受験期も終わり、女子大生までの希望膨らむ準備期間。

学校内で整形する女子が続出し、マユさんを含む多くの生徒が目のプチ整形をしたという。

 「そのときは都内のクリニックで18万円ぐらいの施術を受けました。
学割が利いたので、それでも多少は安かったと思う。
費用はバイトして貯めました。

手術直後って腫れがあるので、二重の幅が異常に広がってしまうんですけど、その時期はみんな瞼が腫れ上がっていて、互いの顔を見るたびに爆笑していました」
 手術自体はメスを入れない、「埋没法」と呼ばれるもの。
マユさんのまぶたは頑固な一重のため、手術後しばらくして元の一重に戻ってしまった。

そういった患者は多いようで、クリニックによっては保証制度を作り、保証期間内であれば何度でも施術をしてくれるサービスもある。

 マユさんは、同じような二重術を3回に渡って行い、最終的に目頭切開(目頭を切って目を大きくみせる手術)をして、理想の瞳を手に入れた。

現在は昔の腫れぼったいまぶたの面影はなく、くっきりとした二重が印象的な瞳に変わっている。

● プチ整形メニュー増加で 日本は世界3位の「整形大国」に
 「昔は、とにかく自分の目がコンプレックスで、男性とも目を見てうまく話せませんでした。
でも、整形して自分に自信が持てて、彼氏もできた。
私の周りは、ほとんどの友達がどこかしらいじってますね。

定番なのは二重、目頭切開、小顔ボトックス、鼻、涙袋、ぐらいかな?」
 「埋没法」のようにメスを使わないでできる施術は、「プチ整形」と呼ばれる。
手術はほとんど痛みもなく、10分程度で済み、日帰りでできる。
とにかく手軽に受けられるところに特徴がある。

料金も1万円以下で済むような安価なメニューが増え、まるで美容院に行くような手軽さで、簡単に自分の顔に手を加えられるわけだ。

 施術内容も、注射するだけで小顔になるものや、脂肪を溶かすもの、涙袋をつくるもの、鼻を高くするものなど、プチ整形の幅はどんどん広がりを見せている。

この手軽さによって、目頭切開やプロテーゼなど本格的な整形への心理的ハードルが低くなっていることは間違いないだろう。

 こうしたプチ整形の台頭によって、日本でも昨今、整形を行う人の人口が増加している。

 ISAPS(国際美容外科学会)が発表した2014年の全世界対象の美容外科に関する統計では、全世界で行われた美容上の外科的、非外科処置の件数は2000万件以上。

「2014年に最も多くの美容外科および美容非外科処置を行った国ランキング」では、1位が米国、2位がブラジル、そして、なんと3位に日本がランクインしている。

 「整形大国」と揶揄される韓国は、実は日本より件数自体は少なく、ランキング4位。

ただし、これは単純に処置件数なので、人口で考えるとまだまだ韓国のほうが整形している割合としては高いのだが、いずれにせよ日本で整形を行う人が増えているのは事実なのだ。

● 顔の激変にも抵抗なし 「男は化粧のおかげと言えば納得する」
 (略
 女性が美に執着するのは、なにも今に始まったことではない。
金さえ出せば、「綺麗になりたい」という欲望を叶えられるようになった現在、整形女性の増加は今後も続いていくのかもしれない。

(おしまい。


引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.so/poverty/1494603420/-1000/1



6 : おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:42:38.19 ID:DRr64YZ60.net(3レス)
若い時からヘルタースケルター大好きな漫画だし好きな音楽の歌詞にもあるけど意味が解らない
ググっても出てこないし意味なんなの?


9 :おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:45:50.79 ID:aZR7MVyC0.net
岡崎京子スレでええの?
>>6
ぐぐったら出てくるけど混乱とか慌てふためくとか
ビートルズの日本語訳はしっちゃかめっちゃかだそう


16 : おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:50:58.04 ID:DRr64YZ60.net(3レス)
>>9 ググりかたが悪かったのか理解出来て無かったのかはじめて意味を知れたわサンクス


13 :おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:48:34.30 ID:Hh14/zgl0.net
>>6
チャールズ・ミルズ・マンソン(Charles Milles Manson、1934年11月12日[1] - )は、アメリカのカルト指導者であり犯罪者。

1960年代末から1970年代の初めにかけて、
カリフォルニア州にて「ファミリー(マンソン・ファミリー)」の名で知られる疑似生活共同体を率いて集団生活をしていた[2][3][4]。

(略
マンソンによれば、ビートルズの楽曲『ヘルター・スケルター』は、
マンソンの画策した同名の黙示、人種間の戦争(Race war)、殺人を引き起こすことを想定した曲であるという(Helter Skelter、原義は「螺旋状の滑り台」)。

(略
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3


20 : おまとめさんZ :2017/05/13(土) 01:00:10.61 ID:DRr64YZ60.net(3レス)
>>13 >>14サンクス
難しいなw造語かい?螺旋型の滑り台から想像しなくちゃいけなかったのか


14 : おまとめさんZ :2017/05/13(土) 00:48:46.90 ID:vga6Cwub0.net
>>6
「ヘルター・スケルター」はイギリスの縁日に出る螺旋型のすべり台のこと。
ほかに「狼狽」「混沌」という意味もある。


と、ビートルズ「ホワイトアルバム」のブックレットに書いてあった


30 :おまとめさんZ :2017/05/13(土) 02:09:32.07 ID:lMmofV2m0.net
>>14
螺旋状の滑り台って本当そのままやな





【宝庫】本日のネタ探しはこちらから ↓↓↓


当ブログで掲載・配信している動画、画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属致します。勿論、権利を侵害する目的では御座いません。掲載について問題がある場合は各権利所有者様本人が直接ご連絡下さい。 その際、削除等の対処をさせて頂きます。又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任にて対処して下さい。